花粉症の時期に顔のむくみが現れる原因と予防・解消法

2024/02/27 ブログ

こんにちは。
小顔矯正・骨盤矯正専門店
ナチュラルパーフェクトフェイス新宿です。

じわじわと花粉が飛び出す季節がやってきました。
花粉症の時期に顔のむくみが現れる原因には、薬の副作用が原因によるものや、
花粉によるアレルギー反応によるものなど、さまざまな原因が考えられます。 

花粉のアレルギー反応による顔のむくみを予防・解消するためには、

顔に花粉がつかないようにする、皮膚のバリア機能を高める、花粉よるアレルギー症状に効く市販薬を使用するなどの方法があります。

1.顔などの皮膚に花粉がつかないようにする
花粉のアレルギー反応による顔のむくみを予防するためには、顔を含めた皮膚に花粉がつかないようにすることが大切です。

花粉の飛散が多い時期は外出を控える、外出するときはマスクやメガネを着用する、帰宅したら花粉を洗い流すなどして、顔などの皮膚に花粉を残さないようにしましょう。

2.スキンケアなどを行い皮膚のバリア機能を高める
花粉のアレルギー反応による顔のむくみを予防するためには、皮膚のバリア機能を高めることも大切です。

皮膚の洗いすぎを防ぐ、保湿ケアを行い乾燥を防ぐ、十分な睡眠とバランスのよい食事をとるなどして、皮膚のバリア機能を高めましょう。

3.顔を冷やしてかゆみを抑える
かゆみにより顔をかいてしまうと、むくみが悪化してしまうおそれがあります。

顔のかゆみがつらいときは、冷たい水でしぼったタオルを顔に乗せて冷やしても良いでしょう。冷やすことで炎症が鎮まり、一時的ですがかゆみが楽になることがあります。

4.花粉よるアレルギー症状に効く市販薬を使用する
花粉のアレルギー反応による顔のむくみを予防・解消するためには、花粉によるアレルギー症状を抑えることも大切です。

花粉によるアレルギー症状を抑える薬の中で多く使用されるのが、抗ヒスタミン薬とよばれる薬で、アレルギー反応の原因となるヒスタミンの作用を抑える働きがあります。



当店では肌の歪みについてもご相談を受け付けていますので
骨格の歪みをとって肌のターンオーバーを正常化して
歪みも肌もスッキリしてみてはいかがでしょうか。